エンジン音が静かすぎるハイブリッド車(HV)の事故防止・安全対策に!【車両接近通報装置】
静かすぎて歩行者に接近を気づいてもらえないという問題を解決するために開発された自動で擬似エンジン音を出す装置です。

取付けが簡単!!:取付けパーツを工夫し、取り付けマニュアルもご用意。簡単に取り付けができます!!
                         (不安な方は最寄のディーラー、カーショップへお問い合せください)
コーナーセンサー等とも併用可:コーナーセンサー、ブラインドコーナーモニター、マルチアングル全周囲モニター、
                                              フェンダーランプを装着していても取付けが可能です
エンジン音に似た音:違和感なく歩行者に確実に注意を促すことができるよう、音色には擬似エンジン音を採用しました
ワンタッチで一時消音:発音の必要がない時は、スイッチで一時消音させることもできます
車両速度に応じて音の調子が変化:速度に応じて音の変化で、違和感なく、より効果的に注意を促します

この製品は国土交通省 車両接近通報装置ガイドラインに準拠しています

なるべく複雑な配線作業をせず簡単に取付けられるよう、パーツを工夫!
(不安な方は最寄のディーラー、カーショップへお問い合せください)


車両接近通報装置 疑似エンジン音発生 装着前後

【製品概要】

SCIBORG HV-100は、ハイブリッド車の低速走行時に
擬似エンジン音を発生させ、周囲に車両の接近をアピールし、歩行者・ドライバー双方の安全を確保する製品です


●車両IGがオンで、かつシフトポジションがP(パーキング・駐車)以外の時に擬似音を発生します

R(リバース・後退)時も音を発生するので安心です

車両速度に対応して音の調子が変化します



さらに使い勝手を高めるモード選択が可能

★擬似音の発生を停止する速度を選択できます

★擬似音の発生とEV走行モード時の条件を選択できます

  • EVドライブモードスイッチに関係なく擬似音を発生
  • EVドライブモードスイッチに連動して擬似音を停止



メーカー車名型式年式
トヨタクラウンGWS204系08年2月〜
トヨタプリウスNHW20系05年11月〜
トヨタプリウスZVW30系09年5月〜
トヨタSAIAZK10系09年12月〜
レクサスRXGYL15・16W系09年4月〜
レクサスHS250hANF10系09年7月〜

※ほとんどのトヨタ・ハイブリッド車に対応していますが、
ご購入の前に必ず適応車種をご確認ください





簡単に取付けられるように開発!
マニュアルもご用意しました

専用OBDカプラで簡単、確実な取り付けを実現!

ほとんどのトヨタ・ハイブリッド車に対応可能です
(ご自分での取付けが不安な方は最寄のディーラー、
カーショップへお問い合せください)


【信頼のキラメック社製】

●エンジンに似た音で車の接近をアピール
●車の速度により音の調子が変化
●EVモードに対応
●発音の必要がない時は、ワンタッチで一時消音も可能


>>動画公開中!!(音も確認できます)<<

車両接近通報装置

弊社販売価格 / 19,800-

ただいま16,800-にて販売中!!


取り付け工賃等は別途必要、JAN:4571114022579






※ 注意 ※


  • エンジンルーム等の洗浄に注意して下さい。スピーカーに水分、
    油分が浸入すると故障します
  • OBDカプラを他社製品で使用されている場合は、別途 配線加工が
    必要となります
  • 本製品の動作の有無にかかわらず交通事故等の責任は
    一切負いません
  • 擬似エンジン音とは、エンジン音に似せた音です。
    (メロディ等ではありません)

  • 国土交通省より2012年からの義務化を目指し、
    「ハイブリッド車等の静音性に関する対策のガイド
    ライン」が発表されました
    >>国土交通省 発表ガイドライン (PDFファイル)



    【取扱をご検討いただける業者様へ】

    こちらからご連絡ください。カタログ請求のみでも承っております。その他お気軽にお問合せください!!






    車両接近通報装置 構成部品 疑似エンジン音発生 車両接近通報装置 構成部品 疑似エンジン音発生

    一般の方でも取り付けられるようマニュアルをご用意しています。
    ご確認いただき不安がある場合は、お近くのカーショップまたはディーラーへご相談ください



    HV-100は車両IGがオンかつ、シフトポジションが「P(パーキング)」以外の時に擬似エンジン音を発生する。また下記条件が満たされた場合には擬似エンジン音を停止する。


    条件1:車両速度が、下欄のモード選択スイッチ「SW1」で選択された速度を上回った場合

    条件2:下欄のモード選択スイッチ「SW2」がON(EVモードに従う)の状態で、車両の走行モードが「EVモード」に設定されている場合

    ※ 擬似エンジン音はリバース時にも発せられる
    ※ モード選択スイッチ「SWP」がheadlinkの場合には全機能を停止する


    >>動画公開中!!(音も確認できます)<<

    DIP SWの位置はコントローラー本体になります
    SWは全部で1番から6番の6つでしよう方法は以下のとおりです


    DIP
    SW1
    SW2
    SW3
    車両選択用(工場出荷時は全てheadlink)
    現在対応している車両に対しては
    変更の必要はありません(平成22年6月現在)
    DIP
    SW4
    擬似音停止速度選択
    headlink = 20km/h ON = 30km/h
    DIP
    SW5
    EVモード対応選択
    headlink = EVモードに連動して擬似音停止 ON = EVモードを無視
    DIP
    SW6
    工場使用
    さわらないでください


    エンジン音に似た音で、車両速度に応じて周波数を変化。
    音量はおよそ90db(実際に車両に設置した状態ではおよそ50〜65db/車両から約1mの位置で計測)


    車両への取り付けは専用OBDUカプラにてプラグイン。エンジンルームにスピーカーを設置




    >>HV100 動画公開中!!(音も確認できます)<<

    【取扱をご検討いただける業者様へ】
    こちらからご連絡ください。カタログ請求のみでも承っております。その他お気軽にお問合せください!!

    ■2010.7.05

    ハイブリッド車用の車両接近通報装置、大好評発売中です!需要が高まり、数社のメーカーから販売されていますが、音色、取付けの簡単さ、品質等、いろいろな面から検証し、弊社の製品がダントツと自信を持っております。ハイブリッド車の静かすぎるエンジン音に不安をお持ちの方はぜひ弊社の車両接近通報装置をご検討ください!!

    ■2010.7.02

    ハイブリッド車用のエンジン音を発生させる装置、当サイトで扱っているHV-100は「車両接近通報装置」という名称ですが、世間ではこの手の装置にはいろいろな名称があるようです。擬似エンジン音発生装置、擬似エンジン音装置、騒音発生装置、擬似走行音装置、擬似排気音装置、電子音発生装置・・たくさんありますね!!

    ■2010.7.01

    【ハイブリッドカーニュース】(Yahoo!ニュースより)
    新車登録台数は9カ月連続増、低燃費車やハイブリッド車が全体を底上げ/神奈川県内

    ■2010.6.30

    車両接近通報装置HV-100の擬似エンジン音がご視聴いただけるようになりました!ページ内のオレンジ色のボタンからご視聴ください。もちろん動画もご覧いただけます。

    ■2010.6.29

    みなさん、ハイブリッド車のエンジン音が静かすぎる問題について、国土交通省より2012年からの義務化を目指し、「ハイブリッド車等の静音性に関する対策のガイドライン」が発表されているのはご存知ですか?この問題についてはいろいろな意見が多いですが、国としてはこういったガイドラインを定めるようですね。ちなみに当社で販売のHV-100は、国土交通省の車両接近通報装置ガイドラインに準拠するよう開発されていますから、車検時等に困ることはまずありません。安心してご使用ください。

    ■2010.6.27

    【ハイブリッドカーニュース】(Yahoo!ニュースより)
    BMWのハイブリッドスーパーカー、2013年登場か

    ■2010.6.26

    走行音が静かすぎるプリウス等のハイブリッド車の安全対策に!ということで車両接近通報装置の販売を始めて数日が経ちました。当サイトで取り扱っているHV-100は長年カーセキュリティーグッズの開発・販売を行ってきた、カーグッズの老舗キラメック社の製品です。他社製品と比べ性能・耐久性が高く安心してご利用いただけます。ぜひハイブリッド車の安全対策にご検討ください。

    ■2010.6.25

    車両接近通報装置HV-100の動画をアップしました!
    実際にハイブリッドカーに取り付けた場合の操作、動作音を動画でご確認いただけます。

    ■2010.6.24

    ハイブリッド車にお乗りの皆様、「静かすぎる走行音」に危険を感じたことはありませんか?
    歩行者に後ろから近づいた時、なかなか車両の接近に気がついてもらえない、というのはかなり多くの方が感じているようで、とうとう国土交通省より、2012年からの義務化を目指し「ハイブリッド車等の静音性に関する対策のガイドライン」が発表されました。実際の義務化はまだ先のようですが、事故を起こしてからでは遅い!ということで、安全対策にぜひご検討ください。

    ■2010.6.23

    車両接近通報装置HV-100のおすすめな点をご紹介します!
    なんといっても一番のおすすめ点は、「取付けが簡単」というところです。他社様からも車両接近通報装置は発売されておりますが、ほとんどの製品は取付けに専門の知識を持った業者に頼まなければなりません。
    ですがHV-100はご家庭で簡単に、誰でも自分で取付けていただけるよに、パーツを工夫しました(専用OBDカプラを使用)。取付けマニュアルもご用意していますのでご安心ください。それでも機械が苦手、やっぱり不安というお客様は、ご購入前にお問い合せください。

    ■2010.6.20

    車両接近通報装置HV-100のおすすめな点をご紹介します!
    「静か過ぎる走行音」の安全対策に歩行者に車両の接近を伝えるための、警告音・・その音がどんな音か気になりますよね?現在他社様より発売されている車両接近通報装置では、メロディや警報音などいろいろな音色がありますが、弊社では擬似エンジン音を採用しています。実際のエンジン音とは多少違いますが、自動車から発せられても違和感がなく、周囲に注意を促すのに最適な音色ができたと自負しております!

    ■2010.6.18

    車両接近通報装置HV-100のおすすめな点をご紹介します!
    HV-100はなんと車両の速度に応じて音の調子(周波数)が変わります!詳しくは当サイトにアップされている動画をご覧ください。

    ■2010.6.16

    車両接近通報装置HV-100のおすすめな点をご紹介します!
    HV-100は、「静か過ぎる走行音」が問題視されているハイブリッド車の低速走行時に擬似エンジン音を発生させる装置です。ところでバック走行時は・・?ご安心ください、バック走行時もちゃんと擬似エンジン音が発生します。

    動態管理システム 運送管理システム 在庫管理システム 営業支援システム 販売支援システム


    Copyright (C) TAKE IT co. , ltd. All Rights Reserved.